無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

2009年5月 5日 (火)

2年ぶりの沢入へ

 GWも残り少なくなってきた。今日は以前より計画していた、知人W氏の親父さんの山小屋へ家族共々遊びに行ってきた。会社の元同僚らも参加し、入間市駅に集合し8:00に出発。途中目立った渋滞はなく、10:40頃沢入に到着。


 昨年は訪問しなかったので2年ぶり。この時期新緑が眩しく、気温も過ごしやすいので気持ちがいい。しかし今日の午後より天気が雨模様とのことだったので心配していた。


 到着後はマッタリしながら過ごし、いつも訪問の際撮影しているトロッコわたらせ渓谷号の上り時間が迫ってきたので、子供らを連れて駅近くに出撃。線路脇に同業者が見える。セッティングし終わり周囲を改めて見渡すと、本当に緑が映える。ウキウキしながら一緒に来ていた元同僚の3歳の子と登場を待っていた。


_mg_0010 前方を見るとライトが見え、ホイッスルとともにゆっくりと現れた。以前撮影した時は車体がボロボロで大丈夫か?と心配したが今日は20周年を迎えたためか、綺麗に塗りなおした感があった。車内も7割程度の乗車率、トロッコ部分は若干肌寒いかもしれないが気持ちよさそう。今回のカメラは50Dを取り出す。ゆっくりなおかげでピンもすべて追従、露出も新緑&車体の茶色を強調できGJ!


_mg_0015 沢入駅で下り列車と交換のため後追いで撮影して終了。近くで農作業をしている地元の方に運転士氏が警笛&手を振る姿が見え、のどかな感じが時間が経つのを忘れてしまいそう。


 帰りは高速の渋滞をなるべく避けるため、20:00過ぎに出発したがやっぱりハマってしまい、同乗者宅を経由し23:30着、さすがに疲れた。


 明日はGW最終日。しかし天候が雨ベースのようなので状況により地元西武でも狙い今年のGW撮影を締めくくりたいと思っている。

2007年5月 5日 (土)

わたらせ渓谷鐡道へ

 今日は知り合いWの親父さんの山小屋に家族他12人で森林浴に出かけた。タラの芽を取って天ぷらにして食すのが毎年恒例行事。そしてその時に近くを走るわたらせ渓谷鐡道のトロッコ列車、『わたらせ渓谷号』を撮っている。

 いつものように沢入駅近くの鉄橋から上り列車を撮る。一緒に来ているTと子供達とも同行しての撮影。通過予定20分前にセッティング完了。新緑のいい季節、緑が映える。その後、ライトが見え汽笛とともに列車は現われた。_mg_0006 同鉄道には担当機関車としてDE101537/1678の2両がいるが今日は国鉄色の1678号機牽引。ん?何だか色が鮮やかだゾ。塗りなおしているようだ。以前来て撮った時は薄れてしまって情けない状態だった。その反面、客車(オープン客車でない12系のほう)の外装がボロボロ。今度はこちらのメンテが必要だな。そんな中列車はゆっくりと通過、子供と共にお客さんに手を振った。この後は近くの渡良瀬川で散策して山小屋へ。

2006年10月21日 (土)

ハイキングに参加

 今日は普段、仕事でお世話になっている団体主催のハイキングに参加した。健康増進を図るための恒例のイベントだ(小生初参加)。このハイキングの行程を考えるのは小生の所属部署が常のよう。そんなこともあり9月頃より打ち合わせを重ね、群馬県の草木湖周辺を散策し、帰りにわたらせ渓谷鉄道を利用するという行程を提案したところ、好評を得て実施の運びとなる。当然利用する列車は「トロッコ」列車で!と1ヶ月前に予約の電話を入れたが、既に満席…しかし一般列車でもその雰囲気は味わえる、と思いこちらの予約を行った。さて当日、周囲のハイキング・富弘美術館を見学し、バスにて神戸(ごうと)駅へ。ホームに入ると別の団体が列車を待っている。当方の団体は約70名、田舎のホームなのに人があふれかえっている。大丈夫か?と心配していた矢先、係の人が、「今度の列車は2両編成で来る」とのこと。全員乗れるのか?と心配になった。数分後、踏切がなり当該列車が入線。Dsc00006 確かに2両編成、車内はそこそこいる。いざ乗車したら都会のラッシュ状態ではないものの、にぎやか状態。40分前後だから我慢してもらおう。列車は定刻に発車、小刻みのジョイント音が眠気を誘うが“鉄魂”で下車駅の大間々まで乗車。紅葉を期待したが渡良瀬川周辺はまだ早い様子。知人の別荘がこの近くにあり、毎春訪れてはその度にわたらせ渓谷鉄道を撮影してきたが、今度はトロッコわたらせ号を紅葉の中で乗車か撮影でリベンジしてみたくなった。その後ハイキング旅行も無事所沢に到着し、乗客兼添乗員の一日が終わった。明日も出かける予定、早く寝よう…