無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 二週続けて西武秩父線へ | トップページ | EF8180けん引のカシオペア紀行の返却回送 »

2020年11月21日 (土)

新桂川橋梁を俯瞰撮影

 連休に入った。初日の今日は今月のDJに出ていた、朝霧が立ちこむ新桂川橋梁を俯瞰した画像を見て無性に行きたくなり、出撃してきた。

_l1a0037 _l1a0077  自宅を530に出撃し、圏央道・中央道を進む。既に始まっていたおなじみの八王子JCT渋滞の中を通過するも、まだ軽い段階だったのでよかったが、コロナの第3派襲来と世間が騒いでいるにも拘らず渋滞するとは。周囲の紅葉を眺めながら通過。
 今年5月に開業した談合坂スマートICから鳥沢駅方面にアプローチ。割とクネクネな道を進み15分程で甲州街道に出た。橋梁付近の綺麗な紅葉を脇に見ながら目的地に645着。
 見下ろすポイントに続く階段を先週同様、ヒーヒー言いながら登り、撮影場所を見出す。何と雲海のように霧が立ち込めていた。DJに掲載されていた光景と同じだ。しばし感動で周囲を見渡す。
 橋梁があるはずの方向を見ても線路が見えない位、霧に覆われていた。徐々に日が昇ると橋梁が見え出した。恐らくどんどん日が昇ると霧も消えてしまうかもしれない。すぐに三脚を取り出しセッティングに取り掛かる。
 アングルを決めるも、画面に小さな虫の集団(ユスリカ?)が飛び交っているところが入ってしまう。少しずれようとすると策から出てしまい危険だ。仕方なくこれも自然現象と、出来る限り目立たないアングルとした。
 予め列車ダイヤを作成し、何が来るかを調べておいた。土曜でも朝はE233系が多くやって来る。211系では6両なので長編成は絵になる。まずは霧から出てくる下り列車を撮影。霧の中から出てくるのは幻想的だ。
 徐々に霧が晴れてきて、下方が見えるようになってきた。沿線は紅葉が綺麗なので一日かけて回りたいところだが、所用もあり今日運転されるあずさ81号までいることにする。
 無線が鳴り、先行列車が詰まっているからか、ゆっくりと姿を現した。ここは特急ならばカッ飛んでいくはずだが、少し拍子抜け。その分多く枚数を稼いだ。これにて撤収、甲州街道をゆっくりと進み、紅葉の景色を眺めながら上野原ICへ。
 この季節、中央本線は絵になるところが多い。ここも今後、定期的に訪れたい場所の一つになった。

 明日は185系臨電を狙いに、再び青梅山線へ出撃予定。

« 二週続けて西武秩父線へ | トップページ | EF8180けん引のカシオペア紀行の返却回送 »