無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の7件の記事

2020年11月23日 (月)

EF8180けん引のカシオペア紀行の返却回送

 今朝はカシオペア紀行の返却回送を狙うべく、北浦和に出撃してきた。

_l1a0036_20201123132701  世の中はコロナ第三波襲来で再び自粛ムードが漂い始め、昨日の185系撮影はやめた(寝坊もあるが)。しかしカシオペア紀行の返却は別格。当該列車撮影ではこのところ定番の北浦和~蕨間に向かった。
 ワンコの散歩を済ませ、朝食を摂ったのち自宅を815に出撃、撮影地に800着。自家用車をパーキングに入れ、撮影場所を見ると誰もおらず。機材一式を持ってポイントへ。
 twitterには書き込みもあり、順調に上っているようだ。しかしここは晴れてしまうとド正面に光線が当たり、編成は影になってしまう。しかも高度も低いので影ができやすく、架線柱などがタイミングによってかかってしまう。これらをクリアするため通過する普電で調整し、最終的にはいつもよりズームしたアングルにした。
 通過の15分前位から同業者がいらして、小生を入れて3名に。改めてアングルをチェック。書き込みに「大宮到着」とあり、もう間もなくやって来る。
 905頃、無線が接近を知らせ与野を通過するEF81が見えた。今日のカマはEF8180。パイパイ(8181)をリベンジしたいのだが先週けん引したのでしばらく先か。陸橋に親子が手を振る姿が見え、汽笛を短鳴し答えていた。回送らしいスピードで通過し撮影。パンタが少々切れてしまった。改めて客車列車が少なくなったな、と実感しながら撤収。

 来週も撮りたいネタはあるが、感染拡大を考慮した出撃になりそう。

2020年11月21日 (土)

新桂川橋梁を俯瞰撮影

 連休に入った。初日の今日は今月のDJに出ていた、朝霧が立ちこむ新桂川橋梁を俯瞰した画像を見て無性に行きたくなり、出撃してきた。

_l1a0037 _l1a0077  自宅を530に出撃し、圏央道・中央道を進む。既に始まっていたおなじみの八王子JCT渋滞の中を通過するも、まだ軽い段階だったのでよかったが、コロナの第3派襲来と世間が騒いでいるにも拘らず渋滞するとは。周囲の紅葉を眺めながら通過。
 今年5月に開業した談合坂スマートICから鳥沢駅方面にアプローチ。割とクネクネな道を進み15分程で甲州街道に出た。橋梁付近の綺麗な紅葉を脇に見ながら目的地に645着。
 見下ろすポイントに続く階段を先週同様、ヒーヒー言いながら登り、撮影場所を見出す。何と雲海のように霧が立ち込めていた。DJに掲載されていた光景と同じだ。しばし感動で周囲を見渡す。
 橋梁があるはずの方向を見ても線路が見えない位、霧に覆われていた。徐々に日が昇ると橋梁が見え出した。恐らくどんどん日が昇ると霧も消えてしまうかもしれない。すぐに三脚を取り出しセッティングに取り掛かる。
 アングルを決めるも、画面に小さな虫の集団(ユスリカ?)が飛び交っているところが入ってしまう。少しずれようとすると策から出てしまい危険だ。仕方なくこれも自然現象と、出来る限り目立たないアングルとした。
 予め列車ダイヤを作成し、何が来るかを調べておいた。土曜でも朝はE233系が多くやって来る。211系では6両なので長編成は絵になる。まずは霧から出てくる下り列車を撮影。霧の中から出てくるのは幻想的だ。
 徐々に霧が晴れてきて、下方が見えるようになってきた。沿線は紅葉が綺麗なので一日かけて回りたいところだが、所用もあり今日運転されるあずさ81号までいることにする。
 無線が鳴り、先行列車が詰まっているからか、ゆっくりと姿を現した。ここは特急ならばカッ飛んでいくはずだが、少し拍子抜け。その分多く枚数を稼いだ。これにて撤収、甲州街道をゆっくりと進み、紅葉の景色を眺めながら上野原ICへ。
 この季節、中央本線は絵になるところが多い。ここも今後、定期的に訪れたい場所の一つになった。

 明日は185系臨電を狙いに、再び青梅山線へ出撃予定。

2020年11月15日 (日)

二週続けて西武秩父線へ

 先週RACの臨特を撮影しに吾野まで出向いたが、紅葉が色づき始めていたのと、埼玉県民の日フリーきっぷが今日まで発売され、お得に回れるので、先日逃した「52席の至福」も撮影したかったこともあり、2週にわたり西武秩父線へ列車移動にて出撃。

_l1a0018_20201115154901 _l1a0063_20201115154901  昨日DJでは、185系とE257系団臨が高崎線内を動くことになっていたが予想通りのウヤ、その代わりE655系団臨が動くので出撃を予定するも、起きれずに非鉄。コロナも第3波に入った様相ではあるが、鉄分補給は欠かせない。
 今日も狭山ヶ丘から乗車。今回は贅沢に入間市から特急に乗車、目指すは芦ヶ久保の俯瞰ポイント。西武秩父まで行ったのち、戻るかたちでアプローチする。これもフリーきっぷだから成せること。西武秩父駅ロータリーで三峰神社行きバスに乗車する旅客の列を確認ののち芦ヶ久保へ。
 目指す場所は駅から見える場所。距離は僅かながら、登り坂が厳しく25分程かかった。汗の大量放出&息があがるも、景色がとても良いのでゆっくり眺めながらセッティング。脇をハイカーが通り過ぎる中、数本撮影。光線状態が良くないもののいい感じ。特に4000系が映えるが、もっと映えるのはracだったのかもしれない。
 その後場所を変え、少し下がった正丸側を見下ろす場所にて撮影。こちらの方がしっくる来るかな。数本撮影し駅へ戻り、昼食調達&お土産購入のため西武秩父に向かう。
 わらじかつ弁当を買うべく、フードコートで注文しようとすると、持ち帰りに20分程かかるとのこと。この先「52席」を撮影するにあたり、次の列車でも間に合うが、待たされるのは嫌なので諦め、お土産コーナーで目に入った岩魚すしを初めて手に取り、しゃくしな漬け&秩父餅の「ど定番」なお土産を購入していざ吾野へ。

_l1a0093  駅を降り立ち、先週と同じポイントへ。今日はアプローチを間違えずに正規のルートにて到着すると、同業者がお一人。挨拶して先日とは一段下のポジションにセッティング。程なくして更に2名いらして総勢4名に。皆「52席」狙いか。
 普電やラビューを撮影しながら13時過ぎ、鮮やかなブルーが基調の車体が現れた。普電よりも更に低速にて通過し撮影。出来は思った以上に正面に光が当たらず面つぶれ状態&露出オーバー気味に。またリベンジか・・・。これにて終了。今度こそ、この後10分後の上り列車に乗るぞ!とばかりに早歩きで吾野駅へ(無事乗車出来ました💦)。

 もっと色づくと更に綺麗になるのかもしれない。来週も連休もあることから、天気も良さそうならまた出撃てもいいかも・・・。でも来週は再び青梅線に185系が入線するので、こちらも気になるのでどうしようか検討するか。

2020年11月 8日 (日)

レッドアロークラシック使用の臨特撮影

 今日は臨時で飯能〜西武秩父間で運行される西武レッドアロー10104F「レッドアロー クラシック(RAC)」を収めるべく、列車移動にて吾野にやって来た。

_l1a0036_20201108153701 自宅を朝食を摂ったのち遅めの800に出撃、狭山ヶ丘駅から乗車する。今年は埼玉県民の日記念きっぷが当日11/14のみでなく、限られた期間中の利用が可能で格安に移動出来るため、先日の大船・横浜遠征で味を占めたこともあり、列車にてやって来た。
 道中登山客と思われる方々が目につく一方、三脚などの機材から同業者と思われる方々もポツポツいらっしゃる。当初はもっと早く向かうつもりでいたが、先日も早く着きすぎたので、通過の1時間前程度に到着出来るようにした。しかし車窓から沿線を見ると、チラホラカメラを構えている同業者の姿も見え、少々焦ってきた。
 東吾野を過ぎてトンネルを越えたあたりが今日の撮影場所。ここは何度も通過しているが、撮影は初めて。通称「吾野カーブ」の同業者を確認出来なかったが、行こうとしている丘には既に同業者が構えているのが見えた。まだ隙間はありそうなので何とか大丈夫だろう。駅でトイレを済ませ、目的地へ向かう。
 事前に道のりは調べていたが、途中ショートカット出来そうな路地があり、獣の勘で入ってみた。しかし道が見えず不安になり、スマホを取り出して確認すると、何とか行けそうだったのでそのまま進んだら、線路に近づけなくなった。戻ろうとして後ろを振り向くと、何と同業者が数名連なっているではないか!皆小生について来ていたようだ。知ってる人と勘違いされたようで、恥ずかしいため「もしかして皆さん初めてですか?」と言うと、皆笑っていた。
 何だかんだ彷徨って現着、集団の上を確保してセッティング。お目当て列車通過まで普電等を撮影する。近くに踏切があり接近がわかるので気が楽だが、列車が「吾野カーブ」付近を通過する際、警笛を長めに鳴らしているところを見ると、線路近くまで同業者が構えているのだろう。RAC上り1本目を状況を見てそこで撮ろうかと考えていたが、今日はやめておいたほうがよさそうだ。
 時間になりトンネルからRAC下り1本目が姿を現した。程なくして踏切も鳴り、周りは緊張感に包まれる。ゆっくりと通過し無事撮影。ここは撤収し、次の撮影場所へ移動。
 途中「吾野カーブ」の脇を通り抜ける際、パトカーが止まっていた。やはり通報が入ったか。線路際に警官がいて撮影者を排除しているように見えた。やはり危険と判断されたのだろう。イベント列車がない時に再訪することにして今日はそのまま通過し、林道を入り俯瞰撮影場所へと向かう。

_l1a0070_20201108153701 徐々にキツい登り坂になるも、日頃歩いているので然程苦にならない。ハイキングの季節でもあり、歩いていて気持ちがいい。程なく進むと駐車車両が数台、もしかして?と更に奥を見てみると、ひな壇で同業者が固まっていた。ここも初訪問だが、この俯瞰ポイントも有名なのか?多少妥協も入り、木の枝や同業者の間を抜く形で密にならないよう、気にしながらセッティング。
 まだ紅葉には時期的に早い感もあるが、木によっては色づいているものもある。あと1週間で見頃になりそう。ネタ列車もなくなる11月中に車で再訪してみようか。
 普電やLaviewが通過する度撮影し、ここの本命はRAC上り1本目。アプリを見ながら接近を確認し無事撮影。次は横瀬の橋梁でRAC下り2本目を撮るべく、早歩きで吾野駅に向かう。
 「吾野カーブ」にはまだパトカーが停車中。完全に立ち入りを規制していた。だから警笛が鳴らなくなったんだな。警官と目が合ったのであいさつすると、『申し訳ありません・・・』。いえいえ、お疲れ様です。
_l1a0087 _l1a0113  早歩きで西武秩父行きに乗るため進むも、機材を持っているためいつもとは違い、スピードが出ない。結局改札付近で発車メロディが鳴ってしまい、予定の列車には乗車出来ず。予定を変更し計画を練り直す。
 このまま横瀬には行かず、吾野駅構内にてRAC下り2本目を撮影することにし移動。近くには吾野湧水があり、水を汲みに来る車が時折通る。次回来るときにはポリタンク持参で来よう。
 RAC通過直前には同業者が数名現れるもマッタリした空気の中、3分遅れで通過。その後続行でやって来るLaviewの通過も撮影、RAC上り2本目や『52席の至福』を撮影してもよかったが、今日は早慶戦やライオンズの試合をテレビ観戦するため、このまま撤収、終了。

 来週は185系団臨がある予定だが、流れなければいいが。

2020年11月 7日 (土)

青梅山線訪問のシーズン到来

 今朝は青梅山線に入線する185系を狙いに朝練で出撃してきた。

_l1a0022_20201107114701  自宅を600に出撃し青梅駅近くのコインパーキングへ640着。最近はこの時期恒例の青梅線撮影、たまには丸石天踏切でなくメジャーな山根踏切で撮影出来ればいいな、とどちらでも撮影出来るよう機材を準備し、徒歩にて向かう。
 駐車場から歩き出すと自転車乗りの二人が通り過ぎていき、『踏切の先が・・・』との会話が耳に入ってきた。ん、同業者?と感じたが、あまり気にも留めず歩き出す。その後山根踏切手前付近でもサイクリング風の自転車が通り過ぎ、少々肌寒いもののサイクリングもいい季節だな、と思いながら歩を進めたが・・・。
 山根踏切に着くと既に4名の同業者が。ありゃ~、やはりメジャーな場所は人気が高い。そのまま通り過ぎ、いつもの丸石天踏切へ向かった。
 丸石天踏切が見え、ここはどうかな?と気にしながら見るも、先程会話しながら通り過ぎた自転車乗りの二人がスタンバっていた。同業者だったのか。もうお一人も構えていてここも盛況だったが、小生のポイントは空いていたので、挨拶を交わしてセッティング。先般70-200レンズを買い替え、実践に使用中たが、今日は旧レンズにテレコンを付けてきた。
 普電で調整し、720過ぎ山根踏切の警報音が聞こえ、宮ノ平の場内信号も注意現示、ゆっくりとB5編成がやって来た。無事撮影も、出来は新調レンズには叶わなず。色合いはこちらが勝るが、カチッと捉えることが出来なかった。テレコン調達を検討するか。いつものように返しまで待たずこれにて終了。

 明日は横瀬のイベント臨のRACを狙いに、列車移動で出かけようと計画中。

2020年11月 3日 (火)

八高北線のキヤ検測

 今日は祝日。ネタはあまりなかったが、午後にキヤE193の検測が八高北線に来るのでこれを狙うべく、午前中に所用を済ませて出撃。

_l1a0013_20201103172501 _l1a0026_20201103172501  自宅を1400に出撃、毛呂駅近くに向かう。夏休み中にも出撃したが、あっという間に次の検測になっていた。場所も今日は違う場所にしようと、毛呂駅に近い第4種の千代田踏切にやって来た。
 朝方は雨も残っていたが、徐々に回復し昼間は陽が差すまでになったが、徐々に雲が増え通過直前にはすっかり太陽は隠れてしまった。光線を気にして西側から撮ろうと場所を選んだのに。とりあえずいいか。
 小川町駅を1517発なので、ここまで20分程か。駅近くの踏切が鳴るのを注視しながらtwitterの書き込みを確認するも、誰も撮影していないのか、書き込みがないまま時は過ぎる。
 1530過ぎ、踏切が鳴ったのが見えた。読み通り小川町発車から20分ほどで予定通りのようだ。程なくしてキヤE193が姿を現す。軽い警笛を鳴らしながら通過するところを撮影。すぐに撤収し下り撮影のため移動。
 以前から訪れている場所に向かうも、8月から大きく変わることなく雑草が伸び、編成にかかる状態のためパス。8月に撮影した人道橋に近い線路際の道から俯瞰気味に撮ろうと向かうも、こちらも雑草が伸びていたが、踏切が鳴る音が聞こえたので、強引にセッティングし撮影。出来は多少編成にかかるも、思った程ではなかった(なのでUPしました)。これにて撤収。

 今週末は気になるネタが豊富なので楽しみ。

2020年11月 1日 (日)

40154F甲種を地元で

 昨日に続き、西武40154Fの甲種回送を地元で撮影してきた。

_mg_0015_20201101172401 _mg_0037_20201101172401 _mg_0060 _mg_0071  今日の早朝、横浜羽沢から新鶴見を経由し新秋津にやって来るのだが、気になるけん引カマがEF652065と、昨日撮影したEF652066同様に国鉄色なので、武蔵野線での撮影は早々に変更し、日中西武線内を走る甲種回送狙いとした。
 早めに家事&買い物を済ませ、昼食を摂ったのち所沢~西所沢間へ。所沢陸橋や西所沢~小手指等の有名どころは避け、オードソックスなストレートを選んだ。
 1330着。本日2回目の輸送を狙う。1430頃通過すると読みやってきた。Twitterで書き込みを確認するが、なかなか更新されない。そんな中特徴のある編成が通過する度に撮影していく。間もなく姿を消すと思われる9103Fやメトロ7018Fなどを収めることが出来た。
 それにしても情報が更新されない。予想した1430過ぎたが未だに所沢に到着していないようだ。行ってしまったのでは?とも思ってしまうが、流石にそれはなさそう。もう少し待ってみる。
 その後、やっと新秋津を発車したとの書き込みがあった。これで時間を読めそうだ。最近の傾向は所沢で長時間停車せずに発車するケースが多い気がするので、定期列車の状況でわかるかも。すると所沢に下り特急と急行飯能行きが停車中、後続に所沢止まりと普通飯能行きが続いていたことから、急行飯能行きの続行で来ると予想。
 ラビューと急行飯能行き9104Fが通過したのち、接近ランプと踏切が継続して反応している。時間は1500ちょうど、263Fがゆっくりと現れた。やっと来たぁ、と独り言を発したのち再度ファインダーを覗く。ゆっくりと通過し無事撮影。すぐに三脚からカメラを外して後部も撮影。これにて終了。

 明後日は祝日なので、久々でなかなか楽しかった、昨日のような列車移動出来ないか検討中。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »