無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 再び武蔵野線205系の葬式鉄 | トップページ | 間もなく引退の現美新幹線を狙いに »

2020年9月27日 (日)

埼京線ハエ127編成を撮影

 今朝は埼京・川越線E233系ハエ127編成に取り付けられている川越線開業80周年記念HM編成を狙うべく、川越線へ朝練で出撃してきた。

_l1a00131 _l1a0029_20200927132001  自宅を500に出撃、いつもの南古谷のアウトカーブへ530着。事前の運用から、今日は朝イチで川越に向かう45運用に入りそうだったので、ここで下りを撮影ののち、日進に移動して上りを狙うこととした。
 南古谷のアウトカーブも久しぶり。もちろん誰もおらず。この季節特有の線路際の雑草が伸びていたので少し整理してセッティング。
 雨は辛うじて降っていないが、雲は多い。通過まで20分程度、徐々に明るくなってきているので露出も何とかなりそう。
 連続して上り列車が通過し、アングルを確認。ここでの撮影は編成すべてが入るようにすることはもちろん、架線柱の処理に気を遣うため、ピタっと決めにくいのだが、何とか落ち着いた。
 無線が鳴り、荒川橋梁を渡る音が徐々に近づくと、E233系が登場。HMもついていることが分かり、読み通りハエ127だった。無事撮影し、日進へ移動。
 610着。珍しく川越側に先客の同業者がいた。ここでは編成を全部入れようとせず、アウトカーブを強調した撮影をすることにして大宮側にてセッティング。
 予定時刻になり日進に到着するハエ127を確認、改めてカメラのセッティングを見直す。程なくして日進を発車、徐々に近づくところを撮影。これで八高線側も含めて川越線HM付き編成を全て納めた。これにて撤収。

 徐々に秋の気配を感じられるようになり、同じくして撮りたいネタも増えてきた。上手くコロナと付き合いながら出撃を続けたい。

« 再び武蔵野線205系の葬式鉄 | トップページ | 間もなく引退の現美新幹線を狙いに »