無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の2件の記事

2020年7月26日 (日)

コウペンちゃんの38113F

_l1a0003_20200726171001  連休中に出撃を再開したが、ネタの少なさと相まってなかなか開けない梅雨の影響もあって出撃出来ず、あっという間に最終日になってしまった。本来なら今日は南武線のHM付きを狙うべく、運用も事前に予想し朝練を計画するも、朝から雨粒の音で目が覚める位の大雨のために諦めた。その後は日中に一瞬晴れるも、降ったりやんだりの繰り返していた。
 せっかく再開したので地元西武のネタ編成を狙うべく、朝から『コウペンちゃんはなまるトレイン』編成の38813Fの動きを見ていると、豊島園運用のあとに夕方飯能まで顔を出すことがわかり、これを狙うことにした。
 午前中に家事・買い物を済ませ、1540自宅を出撃しいつもの豊岡病院カーブへ。所沢の大カーブに行こうか迷ったが、雨も大粒で降り続いているので近所で済ませることにした。
 通過10分前にセッティング、雨は多少弱まったがまだ降り続いている。レーダーを見ても暫くは収まりそうになさそう。仕方なく傘を差しながら準備に取り掛かった。
 通過までの間、改めてここを通過する列車が静かなことに気づく。つい先日まで10000系の爆音を響かせてここを走リ抜けていたのに…。もっとも新宿線は相変わらずうるさいが。
 武蔵藤沢駅に停まる列車のライトが見え、程なくして踏切が鳴った。コウペンちゃんの顔が徐々に近づき38113Fが登場し撮影。ラッピングの色が何とも言えない薄緑色とあって写しにくいが無事収めた。これにて撤収。

 来週は家族仕業が予定されているので、出撃出来ても限定的。

2020年7月24日 (金)

久々の活動再開で八高線へ

<ブログをご覧の皆さま> 
 いつも当ブログ『BlueAllowの撮影日記』をご覧いただき、ありがとうございます。コロナ禍の影響によるネタ鉄の減少や家庭事情もあり、暫くの間活動を休止しておりましたが、今日より再び活動を徐々に再開していきます。これからもよろしくお願いいたします。

_l1a0019_20200724093601 _l1a0032_20200724093601 _l1a0042_20200724093601  今日は一昨日より運行を開始した、『川越線開業80周年記念』HMを取り付けたハエ45編成を狙うべく、八高南線に出撃してきた。
 自宅を520に出撃し、金子~東飯能間の佐瀬踏切付近に545着。2年前にも消えゆく205系を狙いに訪問したところ。以前はインカーブで撮影したが、今日は金子より構え小生好みのアウトカーブで撮影する。
 自宅を出る時は日が出ていたが、到着すると薄い雲にかかっている。ここ数日スッキリ晴れることがなく、曇りor小雨を想定して場所を決めたので、ここで晴れてしまうと逆光になりかねない。日が出ないでくれ、と願う。ハエ45の運用も前日の読み通り、71運用に入っているようだ。先行普電が来たのでテスト撮影、まだズームで引いたほうが良さそうなので×1.4テレコンを装着。
 時間になり無線が鳴ると、踏切の警報器も鳴り出した。程なくしてハエ45がゆっくりと現れて撮影。webでデザインを見ていたが、高麗川向きのほうが車両のデザインが織り込まれたものなので、八王子向きは本命でなかった。無事記録し、本命デザインを収めるべく、場所を移動する。

 箱根ヶ崎~金子間の狭山池踏切に移動、645着。ここに来たのも久しぶり。線路脇の雑草も多数伸びているが、箱根ヶ崎方を見通せない位の大きさの樹木があることに気づく。ん、これは無理か?とカメラを取り出して構えてみると、何とか4両分を抜けそうだったのでここで撮ることにする。来る列車は全て撮影したが、思いのほか本数があることに気づく。時刻表を見ると1時間に3本ある時間帯だった。そんな中で中央線から乗り入れたE233系高麗川行きを収める。
 無線&踏切が鳴り、71Eの時間になった。改めてセッティングを確認する。ここの踏切はなってからしばらくたっても列車が現れない。やきもきしながら待つと、レールをきしませる音が聞こえLEDライトが見えた。徐々にスピードを上げるハエ45を無事撮影。これにて終了、撤収。

 明日は南武線に装着されているHM車を収めようと検討中。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »