無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« なつかしの新特急なすの号を撮影 | トップページ | 朝練でトヨロンほか »

2019年6月 3日 (月)

年休取ってE235系甲種回送列車ほか

 今日は通院のため年休を取ったが、午前中で済んだのでE235系甲種回送とE193系の八高北線検測を狙いに出撃してきた。

_l1a0013_1 _l1a0026  まずはE235系の甲種回送。いつもの鴻巣・宮原ではなく、久々に“ジンボシン”こと新町~神保原間に向かうことにした。これはこの後撮影予定に八高北線とを絡ませて撮影するのに好都合なため。
 病院は1040に終了したのでこのまま関越を使ってジンボシンへ。上里SAで降りて数分で到着。通過50分前の1200着。誰もいないが日差しが強い。しかしからっとしていて、ジリジリした暑さでないので苦ではない。三脚と脚立を取り出ししばし待機。程なくして車が数台やって来て小生の後方にセッティングしているのが見えた。
 ここに来るのは約15年ぶり。かつてEF5861けん引の団臨や、165系佐渡を撮影した場所だ。どのあたりで構えていたかは覚えていないが、今日はカマを強調したく、以前とは違い少し神保原寄りにセッティング。この時間は普電しか来ないので先行列車でアングル調整する。
 水上や群馬総社を通過したとの書き込みを確認し、徐々に近づいてくるのがわかった。相変わらず日差しは強いが風もあり涼しく感じる。しかし時折太陽が雲に隠れてしまい、暗くなる。露出が変わってしまうので出来れば顔を出しておいてほしいのだが。
 無線が上り接近を知らせ、鉄橋を渡るEF64が見えた。と同時に下り接近も知らせている。カブリを心配したが甲種が一足先に通過し回避。出来を見ると…ん~、微妙にAFが先頭にかかっていないな。しかし甲種の雰囲気は出ているからまっ、いいか。ここでの撮影は終了、八高線竹沢を目指す。

 40分程で目的地到着。ここの訪問も20年ぶり位ではないか(デジカメ撮影では初訪問)。久々にやって来たが、当時とは随分と変わってしまった。主にここでは八高訓練や高尾臨を撮影したが、高台から線路を見下ろすポジションは草ボーボーでとても撮影は出来ない。仕方なく線路に近寄るアングルでセッティング。本数が少ないので下り列車でアングル確認、普電は2両だったのでお目当て列車3両に合わせるため、少し余裕を持たせた。
 先程来から自家用車が数台走っていくのが見え、同業者らしき方がウロチョロしていた。この道は先に行くと行き止まりになり、集落もないので地元の方ではないはず。
 近くの踏切の警報音が聞こえ、ジョイント音と共に高崎方からE193系が現れ撮影。当該列車の撮影は越生・高麗川付近が多かったので、違った写真を撮ることが出来たので満足。これにて撤収、パートのカミさんを迎えに帰宅。

 今週末は家族仕業が詰まっているので出撃は難しいかも。しかし時間の合間を見計らってちょっとでも撮影出来るよう、準備しておくつもり。

« なつかしの新特急なすの号を撮影 | トップページ | 朝練でトヨロンほか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なつかしの新特急なすの号を撮影 | トップページ | 朝練でトヨロンほか »