無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 鎌倉あじさい号の送り込み回送 | トップページ | 那須野物語号を狙いに »

2018年6月24日 (日)

ポッポ会でSL大樹

 今日は久しぶりのポッポ会イベント。場所はかねてから候補に挙がっていた、東武鉄道のSL大樹に乗車するというもの。主要メンバーのY氏が欠席と残念ではあったが、気の知れた鉄仲間との旅は、日程調整時から楽しみにしていた。幹事のTにわがままを言い、SL大樹1号に乗るメンバーを先回りして撮影すべく、下り一番列車で出撃。

_l1a0019_2_l1a0032_2 大宮・春日部を経由し、目指すは東武鬼怒川線の新高徳~小佐越間のメジャー撮影地。自宅を出る頃は雲が多く、時折雨が降るような状態だったが、栗橋を過ぎた頃にはうっすらと太陽が顔を出し、鹿沼付近はスッキリと晴れた。なかなか好調な出だしだ。
 下今市でフリー切符を購入するため一旦下車、続くリバティに乗車してポイントを探る。大桑~新高徳のポイントに置き三脚が一つ見え、然程同業者はいないのか?と思うも、目的地のポイントを通過すると既に置き三脚や同業者が数名スタンバっていた。マヂか?小佐越駅に到着後、早歩きでポイントに向かう。
 着いてみるとまだ若干余裕があったのでよかった。挨拶してセッティング。光線は順光だが、先頭には当たらず暗くなりそう。また架線柱の処理にも気を使う。煙の具合も考慮し、若干上向きに構えた。下今市で発車を待つメンバーへセッティング完了を伝える。
 先行電の6050系やスペーシアで確認、いよいよ本番。汽笛が聞こえ、ゆっくりとC11207が登場。このカマとは2003年に北海道で撮影しており、15年ぶりの再会。当時は珍しいバックでの牽引だったが、今日は正調編成。ブラスト音と併せて、すさまじい爆煙での登場。無事撮影し、機関士さんらへ『爆煙をありがとう!』と手を振る。そしてポッポ会メンバーを探すと、最後尾に乗車しているのが見え、手を大きく振ると振りかえしてくれた。これにて撤収、続行電でメンバーの待つ鬼怒川温泉駅へ。以降は鬼怒川温泉・下今市でのターンテーブル見学や日光散策、JRのいろはに乗車して宇都宮へ(詳細省略)。
 昨年同様、鉄色の濃い旅は楽しい。次回行程の構想も出ており、楽しみにしていよう。みなさま、お疲れさまでした。また次回もよろしくお願いいたします。

 来週は那須野物語号が運転されるので、これを狙うべく計画中。

« 鎌倉あじさい号の送り込み回送 | トップページ | 那須野物語号を狙いに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポッポ会でSL大樹:

« 鎌倉あじさい号の送り込み回送 | トップページ | 那須野物語号を狙いに »