無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« ナノ車N102編成団臨 | トップページ | 西武40000系初撮影 »

2017年2月26日 (日)

東武70000系甲種回送

 今日は初お目見えの東武70000系の甲種回送を狙いに東海道線へ出撃。

_l1a0012_mg_0040_l1a0069_mg_0072_l1a0096_l1a0145_mg_0120 自宅は450に出撃、圏央道・小田原厚木道路を経て大磯へ600着。何て早いのだろう、東海道線へも簡単にアクセスできるようになったと改めて実感。次回は根府川にでも行ってみようかな。
 去年12月に訪れた際にロケハンした場所での撮影。イメージは出来ていたのでパッパとセッティング。貨物線上りメインで撮るが、まもなく貨物がやって来る予定。既にピークは過ぎているので撮り逃したくない。
 早速無線が鳴った。構えるとカマのライトでないのがすぐにわかった。何だ?お~っ、サンライズではないか!後部が切れたが思いがけない被写体が撮れてラッキー。続く貨物は桃太郎901、PF2097、ロクヨンと続きこれだけで大満足。特にEF652097は中学2年時に真鶴で撮影した際、ブルトレ『はやぶさ』を牽引していたカマだ。東海道線上で再会出来て感慨深い。その後貨物は来なくなるも、185系が爆音と共に通過しバリ順で撮影出来て大興奮!
 twitterを見ると甲種回送は小田原を通過したとの書き込み。程なくして同業者が現れたが2名でマッタリ撮影。各所は同業者がいるようで、大磯側では旅客線下りの列車が警笛を鳴らしているところを見ると、危険な場所で同業者が構えているのかもしれない。
 無線が鳴りPF2093牽引で登場、無事撮影。車体の色はこれまで関東には無かったような配色だ。パッと見名鉄の車両に見える。一応後部も手持ちで撮影しておく。ツラも東武らしくないな。これにて撤収。帰りも1時間弱で着き楽々帰宅。

 これなら根府川も楽々出撃出来そうだ。Yさん・D君、カマ狙いに一緒に行きましょうよ!

« ナノ車N102編成団臨 | トップページ | 西武40000系初撮影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武70000系甲種回送:

« ナノ車N102編成団臨 | トップページ | 西武40000系初撮影 »