Tokyo Station City

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の7件の記事

2016年11月28日 (月)

伊豆急へ大人の遠足

今日は年休を取り、会社のマニア仲間と共に伊豆急行へ貸切バス旅行に参加。

_l1a0008_l1a0018_l1a0067 本ツアーは伊豆高原駅から100系団臨に乗車する行程なのだが、小生はもちろん上下とも撮り鉄のため先回りする。
 最初に訪れたのは伊豆稲取~城ヶ崎海岸。ここは昨年業務で近くにある銀水荘に宿泊した際、朝の散歩がてらに撮った場所の近く。今日は伊豆稲取駅より東海バスの志津摩行きのバスに乗車、歩いて10分ほどで線路近くまで降りてきた。しかしポイントに向かう道を間違えてしまい、迷ってしまう。何とか場所に到着し、セッティングを試している最中に接近ランプが点灯し始めた。程なくしてタイフォンの音が聞こえ、団臨が現れ、夢中で撮影。車内の仲間に場所を予め伝えていなかったのだが、気づいてくれた方がいくれて手を振りかえす。この後は251系や、むしろこちらが本命?の185系を撮影する。
 上下撮影後、100系の返しは有名な片瀬白田の海岸線付近で撮影すべく移動する。帰りのバスは都合のいい時間がなかったため、徒歩で伊豆稲取駅へ銀水荘の前を歩いて向かう。

_l1a0084_l1a0101 20分ほどで到着、予定の列車にギリギリ間に合い乗車。片瀬白田に着くと、同ツアー参加者のKと遭遇、一緒にお目当てポイントに向かう。
 今日は雲が多く、しかも午後の遅い時間なので周囲の光線状態はあまりよくないが、海は綺麗に波打っている。ずっといても飽きないロケーションだ。
 まずは上り踊り子が通過。185系は関東近郊で撮影しているが、改めてストライプ色が海に合うことに気が付いた。やはり旧国鉄車は性能のみならず、形や色もしっかりと考えられて作られていたのだと想像できる。
 続く100系は回送扱い。単行なので185系とは少しアングルを海側に振って改めてセッティングする。場内信号機が警戒を現示し、ゆっくりと100系が通過していった。お~、185系よりももっと海の色に映える色ではないか!これにて終了、続行の普電で伊豆高原駅に戻る(以下省略)。

 なかなか面白い企画で楽しむことが出来たが、やはり伊豆に来て日帰りはもったいない。1泊で回りたいものだがなかなかそうもいかず、これはこれでよかったかな。N幹事、また楽しい企画をよろしくお願いいたします。

 今週末は12系団臨に出撃したいと検討中。

2016年11月27日 (日)

鎌倉紅葉号の回送

 今日は先週に続き列車名は変われど、青梅線内に回送で189系が入線するシーンをリベンジで撮影すべく、再び青梅~宮ノ平へ出撃。

_l1a0037_l1a0095 自宅を615に出撃し青梅駅を目指す。今日は折りたたみチャリを積んできた。先週失敗した丸石天踏切と有名な山根踏切を交互で撮ろうと、自転車で移動してみることにした。駐車場に車を止めてリュックを担ぎ、いざ丸石天踏切へ。
 雨は小降りながらも、降ったりやんだりを繰り返している。念のため傘を持ってきたが差すほどのものでもない。ゆっくりと静かな裏路地を進んでいく。こんなところを通るのもチャリンコならでは。なかなかいい感じ。
 途中山根踏切を覗くと誰もいない。たまには違う場所で撮ってみようと急遽予定を変更し、上下とも山根踏切で撮影することにした。
 下り向きでは先日、晴れてしまって完全逆光だったが今日は雲がかかっている。マダラにならずに済みそうだ。セッティングを終え周囲を見渡すと、こちらも紅葉が綺麗だった。
 無線&踏切が鳴り189系が登場、今日はM50編成だ。少々カツカツ感はあるもGJ!そのまま上り向きにセッティングし直す。通過まで1時間程、マッタリと待機。
 天気予報は曇り→雨とのことだったが、雲の合間から太陽が見え、晴れ出している。下り通過時に顔を出さず、しかも上りの通過前に顔を出してくれて助かった。と同時に同業者も数名現れた。
 予定時刻となり宮ノ平側よりM50が登場、残念ながら幕は回送のままだったがこちらもGJにて撮影。M52編成ではないながらも、先週のリベンジを見事に果たすことが出来、大変満足。これにて撤収、帰宅。

 明日は年休を取り、社内の仲間らと伊豆急行を訪問するバスによる大人の遠足に参加。楽しみだ。

2016年11月26日 (土)

紅葉の四方津へ

 なかなか晴れない休みが続いたが、やっと朝から晴天に恵まれ、四方津~梁川間の橋梁の紅葉を撮影に出撃してきた。

_l1a0191 自宅を545に出撃し上野原へ。上野原駅から列車で四方津へアプローチ。途中霧に覆われた個所もあったが、ここは徐々に晴れてきた。
 ポイントに740頃到着。先日は車で訪問したので何の苦もなく登って来たが、今日は細い道を歩いて来たため、着いた頃にはハーハー状態。普段の運動不足を物語っていた。すでに同業者が数名スタバっており、挨拶してセッティング。
 改めて鉄橋を望むと光線が鉄橋を差し、紅葉も綺麗に色づいている。先日からネットを介して状況を伺っていた。天候にも恵まれなかったためなかなか訪問出来なかったが、今日やっと念願が叶った。
 日差しはあるもののここは山影のため、残雪もありとても寒い。それを見越して防寒対策を施してきたのだが、ポットにホットコーヒーを入れてきたのが功を奏し、体が更に温めることが出来た。
 続々と列車が通過し、その度に撮影。いろいろとアングルやWBを変えて試し撮りしたため、いつの間にか100枚を超えていた。
 ホリ快富士山1号までいることにしていたが、今日の編成はM52とのこと。先週も青梅線で遭遇したこともあり奇遇だ。貨物も通過し、ホリ快の予定時刻となったが無線も鳴らず現れないが、しばし待機。すると先程まで日が差していたのにも拘らず、雲がかかってしまい暗くなってしまった。
 5分ほど遅れて無線が鳴り、多少回復したものの完全に雲が取れることがなくM52が通過し撮影。まあこんなものだ。それよりもロケーションに感動したのでヨシとする。今後四季を通して撮影してみたい。これにて撤収、帰宅。

 明日は曇りの予報なので、先週失敗気味だった189系リベンジに青梅線再訪予定。

2016年11月20日 (日)

189系M52編成を追うが…

 昨日は雨により非鉄。天気予報で日曜日は“朝から晴れる”とのことだったので、四方津~梁川間へ行く準備をしていたが、起きると一面霧の世界だったので予定を変更し、ホリ快湘南号で青梅線を走る189系を狙うべく出撃。

_l1a0007 640過ぎといつもより遅い時刻に出撃、二俣尾に向かう回送を定番の丸石天踏切で狙う。通過の10分前に到着、急いでセッティングに取り掛かる。
 ここに向かう途中、青梅市街に近づくにつれて霧が晴れていった。奥多摩の山並みも綺麗に紅葉しているのが見え、“あ~、これなら四方津も良く見えているだろう”。選択を間違えたようだ。週間予報も来週はあまりよくないことから余計に悔やまれる。しかし気を持ち直して露出の再調整。
 青梅方でタイフォンが聞こえ、程なくして踏切が鳴った。光線も逆光気味でマダラ模様のため全然よくない。そんな中M52が現れた。今日は置きピンで撮影したためピントは外さなかったが、やはり光線が悔やまれた。ここは撤収し、今日は二俣尾方面に向かって青梅への上り送り込みを撮影すべく移動する。

_l1a0049_l1a0063 過去に貨物列車のさよなら運転をこの周辺で撮影したことはあったが、あまりロケーションを覚えていない。当時はEF641000が石炭を運んでいた頃で、103系が現役で走っていた。今は201系さえもいなくなってしまった。
 ゆっくり車を進めると、石神前~二俣尾間の線路を跨ぐポイントがあり、そこから狙うことにする。ググってみるとここは以前から撮影場所として知られているようで、かつてED16が貨物を牽引していた画像も出ていた。
 コンビニで買い物を済ませ、朝食を摂りながらマッタリと待機。丁度6両のホリ快奥多摩号が通過していき、編成の収まり具合を確認。
 周囲を見渡すと、山肌が紅葉しているのがわかる。日差しも綺麗に当たっており、再び四方津に向かわなかったことを後悔した。少しでも紛らわすため、通過する先行普電をこの周辺も綺麗に色づいている紅葉を入れて撮影、出来はまあまあ。程なくして同業者の方がおひとり現れた。
 この場所も逆光ではないものの、まだ山肌が陰になって光線がマダラになってしまう。あと通過まで10分ほどで全体まで当たるだろうか。
 無線が鳴り、構えると奥多摩方からタイフォンが聞こえた。落石覆いからM52編成が現れ撮影するも、マダラ模様は避けられず、また丁度先頭に架線柱の影が当たってしまう最悪の出来に…。気合が入っていないからか、出来が今日は全くダメダメ。こうなったら小作の進入も撮影することにして移動する。

_l1a0076 M52は宮ノ平や青梅で小刻みに停車していくので、普通に走っても追っかけが可能だった。通過の20分前に小作に到着。同業者がおひとりいたので挨拶し、急いでセッティング。
 アングルを決め、振り返ると下り列車が駅に停車している。えっ?と河辺方に振り返るとM52が違づいてきた。このタイミングは…結局裏カブリで撃沈。同業者の方曰く“先日は被らなかったので下りが遅れていたのかも?”とのこと。これにて終了、帰宅。
 今日は完全にトホホな撮影だった。来週の祝日に四方津に行ってみようと思っているが、天気が良くない。来週末まで持つかなぁ。

 あ~、やっぱり今日行かなかったことが悔やまれる…

2016年11月13日 (日)

西武40102F甲種回送

 家族仕業が続き、考えた通りに出撃出来ずに過ごしているが、今日は西武40102Fの甲種回送を狙いに府中本町へ。

_l1a0010_l1a0030_l1a0051_l1a0071 620に出撃、710着。途中北府中駅に構える同業者を見ると、先日40101Fの時に比べて然程集まっていなかった。珍しくなくなったからかな?と思いながら府中本町に着くと、ここも7~8名と少なめだった。先日とほぼ同じポジションにセッティング。
 通過まで1時間程あり、時刻表を確認して撮影する。早速来たのは桃太郎153番の5080レ。しかしモロに太陽が出て完全逆光のため露出がキビシイ。補正を講じるほか、現像で何とかするようだ。
 金太郎66番3087レ通過ののち再確認、本番を迎える。どうせ普通のカマだろう、と気にも留めておかなかったのだが、twitterを見るとカラシ色EF6522127とのこと。特徴カマが牽引とはビックリ。
 定刻になり、南武線上り接近もあったが先に通過し、その先にカラシ色の貫通扉が見えた。無事撮影、光線がよくなかったが記録出来たので問題なし。後追いを撮ると留置している武蔵野線の乗務員が40102Fを覗いている姿が入っていた。これにて終了。ホリ快湘南号を国立市役所前で撮るつもりでいたが、これまた家族仕業のため帰宅へ。

 来週末も家族仕業の合間に出撃予定。

2016年11月 5日 (土)

露出が足りない583系ほか

 今日はTDRに向かう583系と185系団臨を狙うべく高崎線へ出撃。

_l1a0022_l1a0049 自宅を430に出撃、宮原へ510着。すっかり日の出時刻は遅くなり、しかも今朝は曇が多くかかり真っ暗状態。そんな状況でも同業者がおひとり待機中。小生も置き三脚してしばし車内で待機。
 540過ぎに5764レが上って来るので、その様子を見るべくセッティングを始めるも、とても撮れる状況ではない。そんな中無線が鳴り5764レが現れ、カマ番も判らない程の暗い状況で通過していった。
 今日の583系は宮原で時間調整のため一旦停車する。610発なのだが、それまでに明るくなってくれるか心配になって来た。本来は武蔵野線内で撮影すべきだが、とても同業者で賑わった中で撮影はしたくないのでこちらにやって来たのだが、やはり厳しかったか。そんな中、583系が副本線に入線していくのが見えた。
 定刻になり、583系が発車。やはり露出が足りなかった。強引に撮影するも完全イマイチに終わった。同業者の方は撤収したが、15分後に来る185系団臨まで待つ。
 15分後でも劇的に明るくなる訳ではなかった。ライトを上向きにしていたこともあって状況は最悪。結局どちらも記録した程度でここは終了。一旦帰宅し家族仕業へ。

_mg_0014_mg_0025 家族仕業を済ませ、地元西武の20158F初撮影に再出撃。西武トレインフェスティバル臨に使用される姿を収めるためにやって来た。すぐ隣の入間基地を撮影するポイントには多数の航空ファンが立ち並んでいたが、豊岡病院カーブは小生のみ。飛行機は何が来るのだろう…
 時刻を見ると予定通りに現れていないことが分かった。どうやら遅れているようだ。横瀬に行く旅客が集中したか?先行NRAを撮影しアングルチェック。
 遅れること5分後、武蔵藤沢を通過する20158Fが現れた。ファインダー越しに見る正面デザインは先代3011Fと同じだが、車体側面は緑色が多く使用されている。初撮影は無事終了。

 明日は中央線にでも出向いてみようかと検討中。

2016年11月 3日 (木)

東武1800系とE655系団臨

 今日はありがたい祝日。いろいろネタはあったのだが家族仕業も控えていたため、効率よく午前中に出撃してきた。まずは行楽シーズン恒例の臨時列車、東武1800系の臨時快速を狙いに幸手~南栗橋へ。

_l1a0012_l1a0066_l1a0099 自宅を530に出撃、現地に700着。今日はE655系団臨も動くので、すぐ近くのワシクリで狙えば好都合だったのでここを選んだ。同業者がおひとりいたのはビックリ。1800系を狙うのかな?
 早速小生の好きな東急8500系がやって来た。以降、東上線では見かけない車両が次々に通過するので、その度に撮影していく。
 合間にE655系の動きを見ると、上野駅に入線したとの情報が。想定通り9時前にワシクリに現れる。このため1800系の営業は撮らず、春日部への送り込む回送を撮影ののち移動する。
 810過ぎ、時刻表にない時刻に踏切が鳴り、南栗橋方を見ると赤い車体が見えた。と同時に下りよりスペーシアも現れた。カブるか?しかし1800系が間一髪先に現れてくれたので回避、無事撮影。すぐに撤収し、ワシクリに移動。

_l1a0153 水沢踏切でアウトカーブを狙う。同業者がたくさんいるだろうから後ろからどう抜くか?と想定していたのに誰もいなかった。しかし通過まで10数分しかないので急いでセッティング。
 普電でアングル調整。しかし架線柱から地面に伸びるワイヤーが丁度ベスポジ位置に入ってしまい、かわすのにひと苦労。何とか落ち着く。
 普電通過の直後、E655系が登場。久々にその姿を見ると、ボディはピカピカだ。車体に周りの光景が映り込んでいるのがわかる。小生も映っているかも?無事撮影、次の場所に移動。しかし…
 川越線185系団臨を狙うつもりでいたのだが、思いのほか時間がかかってしまい間に合わず(帰宅途中の国道16号上江橋を走行中、ストライプ車が通過していくのが見えた)。残念…そのまま帰宅。

 今週末もネタ列車が盛りだくさんだが、はたまた家族仕業のため効率的に出撃予定。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »