無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 臨時あずさとかいじ | トップページ | おさんぽ川越号 »

2015年10月11日 (日)

信越線開業130周年記念号以外にも…

 今日は高崎線へ表題の列車を撮影すべく出撃。

_mg_0007_mg_0030_mg_0038 自宅を540に出撃。今日の場所は鴻巣でなく桶川~北本間へ。近くで工事していた圏央道が今月末開通し、周囲がすっかり変わった光景も見てみたくなったから。現地には630着、同業者が一名おり、ちょうど宴が通過していった。
 着くとそれまで小雨気味だったのが本降りに。とりあえず通過まで40分近くあるので三脚だけセッティングし、雲台をビニール袋でカバーして車内で待機。
 なかなか雨が止む気配がない。しかし昨日のように肝心なときに撮れないのは問題なので、30分前になって傘をさしてカメラを取り付けた。
 完了して北本側を見ると、3灯のライトが近づいて来るのが見える。えっ何だ?EH200?いや違う。いったい何?ファインダー越しに見ていると、何と583系ではないか!全くのノーマーク、撮り試しが583系とは。無事撮影、TDR臨にしては遅い時刻なので調べてみると、大曲花火臨のようだ。いや~、カメラ出しておいてよかった。

 普電を数本撮影し、アングルを確認。お目当て列車はカマを入れて7両分なので、収まるようにズームする。気が付くと雨脚が弱まっていた。いつの間にか同業者は4~5名に。
 予定時刻になり1灯のライトが見えた。先日と同じ上り方にEF6019が付いている。HMも違うデザイン。ゆっくりと送り込み回送が通過、すぐにカメラを外しEF641052を撮影。このカマがこの手の列車に付くのは珍しい。ここは撤収。
 本番運転を狙うため、北上尾付近に移動するとポツリポツリと同業者が。中には線路内に入ってセッティングしている輩もいる。雨脚が再び強くなり始め、あまり魅力を感じないEF641052が先頭なこともあって気持ちが萎えてしまい、このまま帰宅した。

 午後の天気次第ではぶらり川越号でも行こうかと思っているが、かったるくなるかも。そうでなければ明日午前中には行くつもり。

« 臨時あずさとかいじ | トップページ | おさんぽ川越号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信越線開業130周年記念号以外にも…:

« 臨時あずさとかいじ | トップページ | おさんぽ川越号 »