無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 新宿さざなみ再び | トップページ | おさんぽ川越号ほか »

2013年2月 4日 (月)

さよなら西武101系

 今日は家の都合で年休を取った。しかし時間があるので、近江鉄道に旅立つ西武101系にお別れをするため出撃。


 時間に余裕があるので早朝から活動する。まずは東海道線の185系を使用した普通521Mが3月のダイヤ改正で姿を消すので“普通”を狙うべく、いつもの神奈川新町へ。


_mg_0011_mg_0036 始発に乗り640着。まだ辺りは暗く、しかも雲が多い。もっとも今日行くポイントは光線がよくないので曇っていたほうがいいのだが。コンビニで朝食を買い込みポイントに向かった。
 どうせ小生だけだろう、と思っていたのだが、既に同業者がひとり撮影していた。何とまあ…挨拶しセッティング。
 7時前とあって暗く、なかなか明るくならない。露出も出来るだけISOを上げたくないのでアンダー気味にセッティングする。521Mは8時前に来るのでそれまでE233・E231などの普電で調整。
 平日の朝とあってどの列車も満員で次々に通過していく。日本はサラリーマンで支えられているんだな、と改めて実感。目の前を通過する列車を見ていても全く飽きない。
 さて予定時間になったが、横浜方を見ると京浜東北線北行&東海道線上り、そして横須賀線上りもやって来たところに521Mが現れた。早い時点で“ダメだこりゃ”とわかる位見事にカブッた。呆然と立ちすくんで見る鉄するも、521Mの正面幕がおかしい。湘南ライナー&踊り子?の中途半端な表示ではないか。なぁ~んだ、故障しているんじゃ撮っても意味ないか。少し気持ちが落ち着きリベンジを決めた。同業者と苦笑いしここは撤収。


 次に向かうは京急2000形が登場時の赤&白ツートンに1編成戻されたので、これを狙うべく有名撮影地の能見台~金沢文庫へ移動。


_mg_0059_mg_0116 運用を予め確認しておいた。京急お客さまセンターで運用を教えてくれるとのことだったので、昨日電話しておいた。午前中はこれで文庫に入庫するようなので丁度よい。
 850現地着。先程まで太陽が出ていなかったのに着いた途端顔を出した。ん~、やはり今日はツイていないのか。とりあえず京急初撮影なので来る列車はすべて撮影する。
 予定時刻になったが姿を現さない。結局3分ほど遅れて2011F(?)が現れた。まあツートンは辛うじてわかるかな。これにて撤収。


 ダッシュで能見台に戻る。予定の列車に乗り遅れるとこの後の西武甲種の撮影で場所取りに影響する。次に向かうは武蔵野貨物線の府中本町~梶ヶ谷貨物タの稲城駅近くの有名ポイントだからだ。

 
_mg_0134_mg_0137 京急~東急~JR~京王と乗り継ぎ稲城には1115着。ポイントに向かうと雛壇には多数の同業者…平日だというのにこんなにもいるとは。
 桜の枝が伸びて丁度線路に掛かるためアングルが限られる。レンズも広角を持ち合わせていない。仕方なく枝の間を抜けるわずかなポイントにセッティング。
 EF66初期型の貨物がやって来たので撮影(5078レのEF6624?線路脇のケーブルに気付かず頭が掛かってしまったが)。
 1200となった。無線が鳴り姿を現した。101系2+2+4で通過、この姿で池袋線を営業していたのがついこの間だったのに…新天地での活躍を期待し、これまでありがとう、と心の中でお別れの挨拶をして撤収。


 次はどこでもよかったのだが、マッタリ中央線の特急でも撮ろうと思い、相模湖に移動した。


_mg_0156 1350着。セッティングを完了すると雨が降ってきた。傘を持ってきていないのでどうしよう、と思ったが徐々にやんだ。普電1本&E257かいじを撮って上がることにする。
 普電は115系スジなのでスカ色車を期待したが、長野車が中線に入った。
 程なくしてかいじが現れた。少々カツカツになったが9両すべてが入った。これにて撮影は終了。


 来週も3連休。高尾からリゾート踊り子が運転開始されるがどこで狙うかを検討中。それより明後日の雪が心配だ。

« 新宿さざなみ再び | トップページ | おさんぽ川越号ほか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら西武101系:

« 新宿さざなみ再び | トップページ | おさんぽ川越号ほか »