無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 西武トレインフェスティバル臨 | トップページ | 西武38110F甲種回送 »

2011年10月 8日 (土)

583系団臨と鉄道フェスティバル

 連休初日の今日、横浜~青森間にJR東日本横浜支社発足15周年記念で「つなげよう、日本」号として横浜~青森間を秋田車583系を使用した団臨が動くことになっていた。もちろんこれを狙うべく出撃するのだが、今週末は息子の文化祭で登校するのに送り迎えで自家用を使用しなければならず、車での出撃は出来ない。このため始発電車でいつもの蓮田に向かうことにした。


 蓮田駅には620過ぎに到着。途中“ヒガハス”には30人以上の同業者が見えた。大宮駅にもチラホラ見受けられた。さすがは583系だ。小生のベストポイントにはおそらく誰もいないだろうとタカをくくっていたが、これを見て少しばかり気持ちが焦るも、着くと誰もいなかった。もっとも新白岡寄りには数名見えたが。


Img_0042Img_0031 通過予定は720前後。この時間帯に宇都宮線で撮影することがなかったので次々と通過する貨物の多さにびっくり。しかし今日持ち合わせたカメラ&レンズは望遠系のため、アングルが電車向きになってしまう。一応撮影するが機関車はパンタが切れてしまう。でも今日は583系がメインなので気にしない。
 程なくして無線が鳴り583系が現れた。事前に掲示板をチェックするとみちのくHMとのことだったので楽しみにしていた。ステッカーは仕方ないが雰囲気はあり、なかなかのもの。しかしタイフォンカバーが開けっ放しだったのは悔やまれる(決して鳴らされている訳ではありません)。


Img_0054 北斗星通過まで撮影しそのあとは№2仕業の予定としていた。先日と同じように日光1号を撮影してから上り向きに変えようとしばらく待っていたのだが…いつまでたっても253系どころか、上り普電も現れない。おかしいなぁ、と運行情報を確認しても平常運行としか出ない。2レの通過予定が9時頃で時刻が830を過ぎたのでそろそろ準備を、と思い上り向きにセッティングし直す。
 しばらくすると立て続けに普電が上下線で走り始め、上り側にセッティング完了後に253系が通過した。どうやら何かあったようだ。掲示板を見てみると、2レも遅れている様子。これでは№2も間に合わなくなる可能性もあったので泣く泣く通過前に撤収、蓮田駅に戻った。


 №2とは、日比谷公園で開催される“第18回鉄道フェスティバル”のこと。そこでJR貨物の機関車HD300のUSBメモリーと京王の急行板型コースターが発売されるので欲しかったのだ。USBメモリーの通販は行わず、当日売りのみとのこと。その形が結構リアルだったので一目惚れしてしまったのだ。またコースターはPC作業しながらコーヒー等を飲む時に使いたかったので以前から欲しかった。
 これをゲットすべく大型三脚&脚立をもったまま有楽町へ向かうのだが、到着した普電は遅れを伴って運転され、しかも再開したばかりなこともあって乗客がたくさん乗っていた。


Dsc_0137 結局遅れの原因は大宮駅公衆立ち入りとのこと。583系を撮るのに同業者が無茶したか?
 結局蓮田で2本やり過ごして乗車。その間に2レも通過していった。こんなことなら待って撮影していればよかったと後悔するも、予定より30分遅れて日比谷公園に到着。
 JR貨物ブースに向かうとグッズ購入者の列が長く並んでいた。焦ったがUSBは十分数があるとのことで安心し、15分程並んで無事購入。
 さて京王ブースに向かうと、各社ブースもあっちこっちに長く列が出来ている。特にJR東日本ブースはすごい事になっていた。
 何とか京王ブースでコースターも購入出来たのでフェスティバルを散策しようとするも、人の多さ&荷物の多さで断念、早々に引き上げた。
 以前長男がまだ小さい頃、来たことがあったがこれほど居たかな、とびっくり。鉄道人気も一般化した証拠か。まっ、良くも悪くもあるのだが。


 明日はその長男の中学・高校の文化祭。午後には西武38110F甲種回送があるので、間に合うようなら出撃予定。

« 西武トレインフェスティバル臨 | トップページ | 西武38110F甲種回送 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 583系団臨と鉄道フェスティバル:

« 西武トレインフェスティバル臨 | トップページ | 西武38110F甲種回送 »