無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« いや~、久々 | トップページ | EL&SLみなかみ号 »

2011年9月10日 (土)

上越線の名物撮影地訪問

 先週予定していたのに行けなかった上越線。せっかく師匠M氏より受け取った青春18きっぷがもったいないので、使用期限最終日の今日、Tを誘い出撃した。


 本当はC61を撮りたいのだが今日はふれあいデーで高崎駅にて展示とのこと。今回はこれまでとは違うところで撮影したいと思っていたところ、風っこが水上~越後湯沢間で運転されるのでこれをメインターゲットとすることにし、行程を練った。EL&SLみなかみ号には目もくれず、一気に水上に向かい、風っこを迎え撃ち、その後土樽へ移動。風っこもぐら号をゲットしたのち越後湯沢へ移動し駅を散策、その後は水上に戻りSLみなかみ号を八木原でゲットすることとした。


Img_0008Img_0015 大宮にてG車内でTと合流。高崎にて定番SLロクイチ物語弁当を購入。最初のポイントは有名な鉄橋ポイントの水上~湯檜曽間。3両編成の水上行きは登山客&同業者で混雑。しかし沿線を見るとそれほど同業者がいない。ということは皆同業者は風っこ狙いなのか?と不安になった。
 しかしその不安はどこへやら、それらしい人は水上到着後接続する長岡行きに乗換えて行った。18きっパーか?我々は下車しポイントへ向かう。
 置き三脚が2つあったがまだまだ余裕。それぞれセッティング。程なくして置き三脚の同業者が現れた。
 日差しが強烈だ。しかし若干湿度がないように感じる。高崎より多少はいいかも。それでも汗はかくのだが。利根川を見下ろすとラフティングボートが頻繁に過ぎていく。こちらに手を振っているので振り返す。気持ちよさそうでやってみたくなった。程なくして臨時の水上行き普電が通過、アングルチェックする。
 通過まで1時間、徐々に同業者が集まり始めてきた。高崎からの普電が到着し、どっと増えた感。結局15人程だろうか。
 日差しは暑い。建物の陰に隠れるのだが、蚊がたくさんいて刺されてしまった。ロケーションはいいのだが通過列車が少ないのが痛い。
 接近無線が鳴り、ライトが見えてやって来た。なかなかいい感じで撮れた。それより気持ちよさそうに手を振る乗客の姿を見て、乗ってみたくなった(高崎で空席照会するも満席とのことだった…残念)。


 水上に戻り、長岡行きに乗車する。過去に何度か通っているが、普電で峠を超えるのは初めて。1141に発車。湯檜曽・土合と特徴ある駅を過ぎ、山間の秘境駅、土樽駅で下車し、新清水トンネル出口の有名ポイントで撮影する。


Dsc_0108Dsc_0106 数名下車するもポイントに向かったのは我々二人のみ。大きく迂回して行かなければならず、一瞬不安になる。しかし近くを流れる魚野川の水と景色は最高!先程の利根川の水は先日の台風の影響か濁っていたがこちらは澄んでいる。
 何とかポイントに着くと、既に自家用で来た同業者がいた。関越道の真下にセッティング。直接日差しを受けないので安心。徐々に雲が多くなってきて吹き抜ける風は涼しいので心地よい。
 ロクイチ物語弁当を食す。ん~!五穀米や群馬産の食材を使ったおかずがおいしい。それより弁当箱&箸がゲット出来るのがうれしい。次に来るときはデゴイチを買うことにしよう。


Img_0024 13時過ぎ、接近無線が鳴りゆっくりと風っこもぐら号がやって来た。乗客は身を乗り出している。撮影後に手を振り返す。トンネル内は涼しいとのことだがどの位なのだろうか。乗ってきた普電の窓ガラスがトンネルを出ると曇っていただけに温度差があるのだろう。ん~、やっぱり乗ってみたい。これにて撤収、ゆっくりと土樽駅に戻る。


 駅への途中、河原に降り水を触るととても冷たかった。当初は上りのループ号をここで撮るつもりでいたのだが、Tと相談しこのまま越後湯沢駅に向かうこととしていた。しばらく居てもいい位に景色が綺麗だった。
 土樽駅に着き普電で越後湯沢へ。ここに500円で利き酒が出来るとのことだったの行ってみたかったのだ。駅に到着し構内のショップ内にあり早速試す。40種類以上の地酒が試飲でき、どれを飲んでよいかわからない。とりあえずお勧めを飲んでみる。銘柄によってこれほど味に違いがあるのか、と感動。あっという間に5回分を使い切ってしまった。
 いろいろなショップがあり、1505発の水上行きに乗らなければならないため時間が足りなかった。次回はもっとゆっくり見れるよう、再訪を誓う。
 1505普電は3両編成。ホームには結構の乗客が待っている。18きっパーに見えない容姿の乗客が多い。水上に行くにはこのルートのほうが早いのか?おかげで車内は満員状態、しかし我々は空き席を確保。途中半分寝ぼけながら清水トンネルと湯檜曽ループを体験。


 水上より高崎行き普電に乗換え、以前も訪れた八木原へ。渋川で先行SLを追い抜くので最後の〆に撮影する。こちらも座ることができ、しばし車内で休息。


Img_0029_edited2 八木原に着き猛ダッシュでポイントへ。同じことを考える同業者も多数、ここは負けじと走って一番乗りしベストポイントにセッティング。後からTが着て、一斉に同業者がポイントに向かう光景は異様だった、とのこと。
 程なくして汽笛が聞こえ、D51がやって来た。微妙に煙を吐いて結構な速度で通過。出来はまあまあ。これにて本日の撮影は終了、ゆっくりと八木原駅に戻り高崎へ。高崎線車内では、ささやかな反省会をあまり酒が飲めないTと交わす(体調は大丈夫でしょうか?)。


 今回は上越線の有名撮影地を巡る撮影だった。有名だけにロケーションは最高。しかし通過する列車の少ないのが悔やまれる。今後もしばらくはここを走る臨時列車がありそうなので乗り鉄も含め、再訪してみたいと思った。


 明日もEL&SLみなかみ号が運転される。本日のEL区間はピートップだったが明日はEF6019。こちらの方がカッコいいので眠くても出撃予定。

« いや~、久々 | トップページ | EL&SLみなかみ号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上越線の名物撮影地訪問:

« いや~、久々 | トップページ | EL&SLみなかみ号 »