無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

鉄道写真

  • 9104F
    Blue Allowが狙いを定めて出撃した(?)鉄道写真を紹介するアルバムです。

最近のトラックバック

« 天賞堂58周年記念列車 | トップページ | 浪漫再び上京 »

2006年11月25日 (土)

青梅・奥多摩レトロ号の前回送

 朝の散歩で八高北線の高麗川~毛呂間に行ってきた。青梅線をDD51のPPで“青梅・奥多摩レトロ号”として旧客を牽引して走る今日、高崎から送り込まれる前回送を狙うためだ。青梅線沿線での撮影が季節的にもいいが、やはり架線がなくすっきりした所を走るのが絵になる、ということであえて八高線で撮ることに。カミさんを仕事場へ乗せていく足で当該場所に8:40頃到着。置き三脚が2~3本見える程度、同業者は少ない。通過予定まで30分程度だがゆっくりセッティング、今日はデジ一眼2台体制。当該列車は機関車を入れて6両、本数が少ない上、最高でも3両の八高北線では編成の後ろがどの辺りに来るかがわかりにくい。大体この辺りだろう、目星をつけておく。この場所は踏切の近くで車もそこそこ通る。通行人は珍しそうにゆっくりこちらを見ながら走り抜けていくが、数台の車に「何が来るんですか?」と声をかけられる。他にも同業者が居るのに、何故自分ばかりに声をかけるんだ…?その度に「珍しい昔の客車があと5分くらいで来ますよ」と答えてあげていた。

 さて予定時刻2分前、再度機材チェック。バリ順の場所だけに露出はOK。置きピンを取り直した頃、_mg_0005_1 踏切が鳴り当該列車の姿が見えた。DD51842先頭にHM付きだ。茶色い旧客が眩しい。ゆっくりと通過し出来をチェック。茶色はいいねぇ…先日のロクイチといい、昭和を思い起こさせる懐かしい雰囲気。青梅線には行かずこれにて撤収、午後は家族で昭和記念公園へ。

« 天賞堂58周年記念列車 | トップページ | 浪漫再び上京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅・奥多摩レトロ号の前回送:

« 天賞堂58周年記念列車 | トップページ | 浪漫再び上京 »